自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DIYでタイミングベルトを交換する時は注意してください。
エンジンによっても交換方法も違いますし、エンジンを壊したり、怪我する可能性があります。
あくまでも自己責任でお願いします。


タイミングベルトは10万キロで交換だが、今回の車は年数が10年以上経っているので交換


オルタネーター
オルタネーターの調整ねじと固定ボルトを緩めてベルトを外しました。


クランクプーリー
クランクボルトをインパクトで緩めて取り外します。
車によっては特殊工具(SST)でクランクプーリーを回り止めしてから、メガネレンチで緩める事もあります。
クランクプーリーが固着してはずれない場合、特殊工具やコツが必要です。


タイミングベルトカバー
タイミングベルトのカバーを固定しているねじを外します。
カバーが張り付いて外せない場合、マイナスドライバーなどで傷つけないようにカバーをこじってはずします。
カバーには隠れたところに隠れねじがある場合があるので注意が必要


タイミングベルトテンショナー
クランクボルトをタイミングギヤに取り付けてメガネレンチでタイミングベルトを回します。
タイミングベルトを合いマークに合わした後、テンショナーの固定ボルトを緩めてマイナスドライバーなどでテンショナーをタイミングベルトの張りを緩める方向に動かし、再びテンショナーを固定します。
タイミングベルトのあわせ方はエンジンによって違うので自動車整備書
などを参考にしましょう。


ウォータポンプ
タイミングベルトをはずした後、カムシール、クランクシールからのオイル漏れがないか確認します。
テンショナーやウォーターポンプはタイミングベルトを交換する時、いっしょに交換した方がいい部品なのですが、今回は予算の関係で再利用。
ウォータポンプには水漏れが点検できる穴があいているのでLLCの色で粉を吹いていないか、プーリーを回して異音がしないか確認する。
テンショナーも取り外してプーリーを回して異音がするか確認する。
テンショナーのタイミングベルト接触面にゴムが付着していたのでマイナスドライバーで傷つけないようにきれいにしました。


タイミングベルト部品
タイミングベルトの部品
カバーのねじなどは長さが違う場合があるので注意が必要


タイミングベルト
新品のタイミングベルトには回転方向の矢印が書いてある


タイミングベルト取り付け
テンショナーを取り付けてタイミングベルトが緩む方向で固定し、テンショナーの反対方向はタイミングベルトに緩みがでないように取り付ける。
タイミングベルトをとりつけるときは各プーリーに少しかけてから押し込むのがコツ


タイミングベルトテンショナーの張り方
テンショナーの固定ボルトを緩めてタイミングベルトを張る。
張り方や張り加減はエンジンによって違うので自動車整備書
で確認


タイミングベルト合わせマーク
クランクギヤーを2回回してタイミングベルトの合わせマークにあっているか確認する。
タイミングマークに合っているか見にくい場合は鏡などを使って見る。


タイミングベルトカバー
タイミングベルトのカバーにはゴムのパッキンなどが付いている。
取りつけるときは外れていないか確認しながら取り付ける。















スポンサーサイト
発進する時、ガタガタとしゃくるようになるジャダーという症状がひどくなってきた。
ホンダマルチマチック特有の故障の症状だ。
直し方としては、まずはマルチマチックのオイル交換だ。
オイルはホンダマルチマチック専用オイルをお奨めする。
オートマチックは純正オイルでないと変速ショックが大きくなったりする事があるので注意が必要だ。


エンジンオイルの交換時期がきたのでオイル交換する事にしました。
DIYでオイル交換すると廃油処理がめんどくさいのでカー用品店にお願いする事にしました。
カー用品店のオイル売り場に行くとさまざまなオイルがあります。
最近は環境に優しいエコカーの為の専用オイルまであるんですね。
エンジンオイルの選び方なんですが、取り扱い説明書で指定しているグレード、粘度のオイルを選びましょう。
指定外のオイルを使うとエンジンの不具合、燃費の悪化、オイル漏れなどの原因になります。
空気圧を点検する時はあまり走行してない時にしましょう。
走行してしまうとタイヤが熱くなり空気が膨張するので正しい空気圧を測定できません。
空気圧は車種、タイヤのサイズによって違ってきます。
運転席のドアを開けると車体側に空気圧を表示してあるステッカーが貼ってあります。
空気圧が少ない場合補充を、多い場合は抜いてください。
寒くなってくる時期は空気圧が低くなってくるので若干高めに空気圧を調整してください。
寒い冬になってきました。
スタッドレスタイヤ交換時期です。
昨年、冬用タイヤとして使用できる溝の限度のサインが表れてきたので新しいスタッドレスタイヤに
買い換えました。
スタッドレスタイヤは年々進化していますし、新しいスタッドレスタイヤはゴムが柔らかいので滑りにくいみたいです。
スタッドレスタイヤの溝が減っていて冬用タイヤとして使用できないのならば新しいスタッドレスタイヤに交換したらいかがでしょうか?
オイル交換を安くするにはカー用品店がおすすめですね。
オイル交換会員になれば後のオイル交換工賃が無料になるし、ポイントを貯めればさまざまなサービスが受けられる。
ディーラやショップ、ガソリンスタンドはオイル交換工賃が基本的に高いが、ディーラやショップのなかには新車や中古車を購入するとオイル交換無料の店もある。
ガソリンスタンドは燃料を給油するついでにオイル交換が手軽にできるメリットがある。
スモールランプが切れて点かないのでバルブ(電球)を交換する事にしました。
ボンネットを開けてヘッドライトの裏を見ると

ライトの裏

向って中央にこの自動車はスモールライトが付いています。
左側に回して引っぱると大抵はずれます。

スモールバルブはずす

バルブは引っぱるとはずれます。
はずれにくい場合は力を入れ過ぎてバルブを割らないように
軍手をして作業すると良いかもしれません。
はずした後は点灯しないバルブと新しいバルブの形、ボルト、ワット数が同じか確認してエンジンルームに落とさないように確実に取り付けて元に戻します。

スモールライト点灯

スモールライトが点灯するか確認して終了です。
交換のしかたは自動車によって違う場合があるので取扱説明書を見るか、詳しい人に聞くと良いでしょう。
難しそうな場合はカー用品店や修理工場で交換してもらいましょう。

【Yahoo!ショッピング】売れてるカーナビ大集合! HDDもポータブルも激安

車の事なら 自動車blogランキングへ


冷却水(LLC)は通常車検ごと交換だが、近年の自動車は交換時期が長くなっている。
交換時期はボンネットの裏や、取扱説明書のサービスデータの項目に記載されている。

車の事なら 自動車blogランキングへ
三流整備士はベルト駆動のCVT車に乗っているのだが、発進時、ジャダーの症状がでるのでCVTオイルの交換時期より早いのだが、CVTオイルを交換する事にした。
前回は社外品のCVTオイルに交換したのだが、劣化が早いような感じがするので今回はディーラーで純正オイルに交換してもらう事にした。
交換後はジャダーの症状はでなくなった。

自動車blogランキングへ


CDデッキやMDデッキなどのカーオーディオ、カーナビゲーションを取り付ける時、インパネやコンソールパネルなどの内装を外す事になる。
ネジが無い場合、インパネやコンソールパネルを手前に引く事によって取り外せるが、ネジが分かりにくい場所で止めてあったり、他のインパネの下にネジが隠れている場合があるので事前に販売店などに確認した方が良いだろう。
掴みにくく取り外しにくい場合はガスケットなどをはがすスクレイバーなどに傷がつかないないようにビニールテープを貼り、傷がついても目立ちにくい場所から傷がつかないようにスクレイバーで浮かしながらインパネを外す。
インパネを外すとオーディオなどがブラケットでネジで固定されているのが見えてくるはずだ。
取り外しにくい場合はネジで固定されている場合があるのでインパネの取り外し方を確認する。
新車などでインパネに傷をつけたくない場合やできそうもない場合はプロに依頼した方が良いだろう。

【Yahoo!ショッピング】売れてるカーナビ大集合! HDDもポータブルも激安


自動車blogランキングへ
エアコンの冷えが悪い場合、エアコンのコンデンサーが虫などで汚れてないか点検しましょう。
エアコンのコンデンサーはたいていフロントにあります。
虫などで汚れている場合、水で洗い流しましょう。
汚れがコンデンサーの網の目にできるだけ入らないようにコンデンサーに対してできるだけ平行に近い角度で水をかけると良いでしょう。

コンデンサー


自動車blogランキングへ
タイミングベルトを交換する時、テンショナーやアイドラーも交換します。
タイミングベルトを交換した後、テンショナーやアイドラーから異音などの不具合が発生して再整備にならないようにする為です。
カム、クランクシールからオイル漏れ、ウォータポンプから異音、水漏れなどがあれば交換します。
予防整備で悪くなくても交換する場合もあります。

クルマとバイクの専門書店「リンドバーグ」


自動車blogランキングへ




自分の車のバッテリー液の点検をしました。
バッテリー液が減っていたので精製水を補給しました。
バッテリー強化液など希硫酸が入っているものを補給する時は、こぼしたりすると塗装がはがれてボデーが錆びたりするので注意が必要です。
バッテリー液を補給する時は上限~下限内におさまるように補給してください。
バッテリー液が多いとあふれてボデーを傷めます。
バッテリー液が少ないと極板を傷めます。

バッテリカバーで液量が見えないのだが
バッテリ

バッテリー液量を点検できるように考えられているんです。
感動しました。
バッテリ2

自動車blogランキングへ
ワイパーゴムで長さを合わして切って使うタイプのワイパーゴムがある。
このタイプのワイパーゴムに交換する時は切った方をワイパーを作動させた時、遠心力が働かない方向に向けて交換しなければならない。
そうしないと、ワイパーを何回か作動させているとワイパーゴムの中に入っている鉄が遠心力で出てきてしまう。
タイヤの空気圧はガソリンスタンドなどで走りこむ前にタイヤの冷えた状態で点検してもらった方が良い。
なぜならタイヤが温まると空気が膨張し空気圧が高めになるからだ。
タイヤの空気圧を点検していると他のタイヤに比べて空気圧が少ない時がある。
この場合、タイヤの空気を補充して終りにしてはいけない。
釘などがタイヤにささって空気圧が低いのかも知れないので、タイヤの外周などを点検して釘などがささってないのを確認してタイヤの空気を補充した方が良い。
冷却水サブタンク(ラジエターリザーブタンク)の上限(MAX)~下限(MIN)の間に冷却水があるか確認する。
エンジン温度が高い時は冷却水サブタンクの冷却水はエンジン温度が低い時より高めを示す。
冷却水が著しく減る場合は水漏れなどが考えられるのでディーラや修理工場に点検してもらった方が良い。
新車や、冷却水交換後の自動車は冷却水通路に混入しているエアーが抜けて冷却水が減少するので上限まで補給して様子をみる。


エンジン停止後ならすぐエンジンオイルの点検するのではなく3分以上たってオイルパンにオイルが戻ってからオイルレベルゲージで確認する方が正確な量が量れる。
オイル補給後も3分以上たってエンジンオイルの点検するのが良いだろう。
乗用車の場合、ボンネットを開けて向かって左奥に
トラックや1BOXの場合運転席側のダッシュボード横にブレーキオイルを点検できるタンクがある。
MAXからMINの間にブレーキオイルがあればよいのだが、MINに近ずいているようであればディーラや整備工場でブレーキの点検をしてもらった方がよい。
ブレーキパッドが残り少ないかブレーキオイル漏れの可能性があるからだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。