自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬寒い時、車をいきなり走りださせるのではなく、しばらく暖気した方がいいかも知れない。
いきなり走り出すとフロントガラスが凍りついたり、エンストする可能性がある。
スポンサーサイト
旧モデルがオーソドックスなデザインなのに対して新型デミオはおしゃれで斬新なデザインになった。
メーター周りも斬新だが、移住性、荷室の大きさはデザイン優先の為か犠牲になっている。
旧モデルが性格のいい普通の女の子 実用性の高いコンパクトカーなら、新型デミオは相手を選ぶ綺麗な女の子 デザイン重視の乗り手を選ぶコンパクトカーだろう。
新型ライフが納車された。
ボンネットを開けるとダイレクトイグニッションが6つ
ツインプラグの新型エンジンである。
トランクを開けてボードをはぐるとスペアタイヤは無くパンク修理セットが入っている。
空気圧を点検する時はあまり走行してない時にしましょう。
走行してしまうとタイヤが熱くなり空気が膨張するので正しい空気圧を測定できません。
空気圧は車種、タイヤのサイズによって違ってきます。
運転席のドアを開けると車体側に空気圧を表示してあるステッカーが貼ってあります。
空気圧が少ない場合補充を、多い場合は抜いてください。
寒くなってくる時期は空気圧が低くなってくるので若干高めに空気圧を調整してください。
寒い時期、エンジンかけずに車で寝ると寒いです。
車のヒーターを使わないで暖かく車で寝れるグッズがほしくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。