自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリウスにはモーターだけで走行するEVモードがある。
バッテリーの状態で変わるが55km以下のスピードで2kmまでモーターで走行できる。
夜の住宅街を走行するのに便利な機能で、電気自動車に乗っている感じだ。
スポンサーサイト
背の高い軽自動車なのに高速を運転しても安定している。
パワーも実用上問題ないレベルだ。
バッテリーを取り外す時はマイナス端子からはずします。
車のボディはマイナス端子とつながっている為、プラス端子からはずすとスパナなどの工具がボディに触れた場合、ショートするのを防ぐ為です。
バッテリーを取り付ける時はバッテリーを取り外した逆の手順でバッテリーを取り付けます。
バッテリー固定ステーを取り付ける時はバッテリー本体を壊さない程度にナットを締め付けます。



トヨタプリウスはガソリンエンジンが効率が悪い時はモーターで走行するハイブリットシステム。
ハイブリットシステムの制御は、発進、低速時はモーターで、通常はエンジンで発電しながらエンジンとモーターの力を効率良く配分して走行する。
加速時はバッテリーの電気も使ってモーターとエンジンで加速する。
減速時はモーターを発電機としてバッテリーに充電するという複雑なシステムだ。
ハイブリット車は制御は複雑だし、ガソリン車に比べるとモーター、バッテリー、インバータなどが必要になるので、部品点数が増えて重くなる。
部品点数が増えるという事はコストも高くなるという事だ。
燃費を良くして環境性能を高めるだけならシンプルな方法が良いのではと思われる方もいるのではないだろか?
トヨタらしくないと思うが、よく考えるとトヨタは将来的に電気自動車の量産化を目指しているのだと思う。
現在あるガソリンスタンドというインフラを使い、現実的な電気自動車がハイブリット車。
ハイブリット車を市場に投入して電気自動車を研究してノウハウを得る。
プリウスを購入する事は環境に優しい電気自動車を現実性にあるものにする為のトヨタへの投資ではないだろうか。




旧モデルが女性向けだったのに対して、新型ライフは乗り手を選ばないデザインになった。
丸いドアノブも通常のドアノブになり、内装も男性が乗っても違和感のない感じだ。
前モデルは遊び心があったマルチインフォメーションだったが、新型モデルはシンプルなものになった。
運転した感想だが、ホンダらしくエンジンの回りが良く走りがいい。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!



30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。