自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新型プリウスがエコカー減税の効果もあって納車待ちだそうだ。
納車が短いハイブリットカーなら、新車なら新型プリウスと併売される旧型の2代目プリウス、新型インサイト。
中古車のハイブリットカーを選ぶかだろう。
スポンサーサイト
現行ダイハツムーブは室内の広い走りのいい軽自動車
ダイハツタントに乗った感想だが、室内の広い事に感心させられる。
車体価格の安い軽自動車を探しているのならダイハツエッセが候補に入る。
低価格だがヨーロッパのコンパクトカーを思わせるデザインは安い軽自動車と思わせない。
ワゴンRタイプのような背の高い軽自動車と比較して室内は狭いし、内装もシンプルだが、車重が軽いので走りがいいと聞く。
軽自動車なのでバッテリーや保険などが安いので維持費の安い車を探しているのならダイハツエッセを候補に入れたらどうだろうか?

エコーカー減税で今は車の買い替え時期かも知れません。
13年以上経った古い車の買い替えは更にお買い得です。
新型アクセラは停車中、アイドリングをストップさせるアイストップというアイドリングストップ機構を搭載させました。
エコカー減税とグリーン税制に対応しています。
自動車保険に安く入りたいので安い自動車保険に入ろうと思っているのですが、事故をした時の対応が悪いという評判も聞きます。
実際のところどうなんでしょうか?
暑い時、待ち合わせなどで車を停車中してエアコンを使うとエンジンをかけたままにしなければならない。
排出ガスを出すので環境に悪いし、何より燃料の無駄だ。
ハイブリットカーのプリウスなら駐車中エアコンを使ってもエンジンはかかりぱなしではない。
自動車保険で代車特約を付けると、一般的に事故の日から一ヶ月を限度に、限度額までのレンタカーが借りれる。
三菱自動車の電気自動車、アイミーブの量産化が始まりました。
量産化が始まったといっても、価格、充電設備、航続距離などの問題が解決するまで、公共機関や会社などで主に使われるみたいです。
電気自動車のメリットといえば、音の静かさ、環境への優しさ、そして、モーターは低速から大きなトルクが発生するので加速が良いという事でしょうね。
プリウスがエコカーなのに意外と速いのはモーターの力によるものかも知れません。
ホンダインサイト見ました。
プリウスと似たデザインと思われがちですが、空気抵抗を突き詰めたら、初代インサイトと2代目プリウスのデザインが似てしまったというのが正しいのではないでしょうか?
差別化が考えられるのはフロントマスクぐらいで、ここはトヨタらしさ、ホンダらしさが表れています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。