自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スズキスプラッシュを見てきました。
コンパクトな車で室内は小さいながら狭さを感じさせません。
運転席に乗ってみるとコックピットのような運転席で運転が楽しい車かと思わせます。
シートは固めのシートで長時間運転しても疲れない感じです。
自動車評論家の評価の高いのもうなずけます。
車体価格は安いのですが、輸入車なので部品代が高いような感じがするのですがどうでしょうか?



スポンサーサイト
車が追突されました。
自分が被害者の100対0の追突事故です。
自分は追突された方なので比較的落着いていましたが、追突した方は動揺されていました。
警察を呼んで事故処理の最中、保険会社が発行する事故に遭った時の対処方法が書いてある紙を取り出し、事故の相手の方に聞く事を聞いてをメモしていきました。
役にたたない方がいいのですが、事故の対処方法の書いてある冊紙、筆記用具、メモ用紙を持っていれば事故の時役立ちます。


10万キロを超えた3代目エスティマを乗ってみた感想
荒れた道では常に細かく揺れる乗り心地
フラットな道ではそうではないのだが・・・
我が家には新車から13年経った軽トラック・スズキキャリーが家にある。
13年経過すれば、今なら補助金が出るので買い換えてもいいのだが、走行距離も少ないし、あまり使わないので買い替えを考えてしまう。

久しぶりにキャリーに乗ってみると、なかなか加速しない。
ある程度の回転数になると急に加速しだすぎくしゃくする走りだ。
タイミングベルトが緩んでいてバルブタイミングがずれているのであろう。
新車から10年以上経っているので、走行距離は10万キロ達しないのだが、タイミングベルトを交換する事にした。
車も古くなるといろいろ不具合がでてくるものである。

室内は広いけど足元の狭い車をみうけられる。
軽トラや軽バンなど室内や荷室を広くする為に前席を前いっぱいにだした車はホイルハウスが室内にでてしまい足元が狭くなってしまう。
長い時間運転すると疲れそうだ。
シエンタで運転中、日差しがまぶしいのでサンバイザーを下げた。
サンバイザーを見ると無数の穴が開いているではないか。
車によってはサンバイザーを下げると、停車中信号が見えない事がある。
サンバイザーに無数の穴が開いているのは視界を確保する為ではないだろうか?

女性向けの車 ダイハツココアにルームミラーにバックモニターが付いたみたいだ。
これならバックする時、視線移動が少なくて済むな。
発進する時、ガタガタとしゃくるようになるジャダーという症状がひどくなってきた。
ホンダマルチマチック特有の故障の症状だ。
直し方としては、まずはマルチマチックのオイル交換だ。
オイルはホンダマルチマチック専用オイルをお奨めする。
オートマチックは純正オイルでないと変速ショックが大きくなったりする事があるので注意が必要だ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。