自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四駆の燃料代についてはこちら 四輪駆動車の維持費

スポンサーサイト
四輪駆動車は二輪駆動車と比較して車体価格が高くなり、車重が重いので燃費が悪い。
雪道や悪路には強い四駆だが、維持費は高くつく車だ。
背の高い室内の広いワゴンRタイプの軽自動車は車重が重いのに力の無い660ccの軽自動車のエンジンなので高回転まで回さないと走らないので思ったより燃費が良くない。
コンパクトカーのエンジンは軽自動車の2倍近くの排気量で、パワーがあるので低回転でも走りがいい。
コンパクトカーの方がエンジンのパワーと車の重さのバランスがいい車ので比較的に燃費がいい。
エンジンが片打ちしているようでアイドリングが安定しない、吹けあがりが悪いのでディスキャップ、ローターを交換する事にしました。

ディスビ
差し込んでいる順番を覚えてプラグコードを抜いていきます。


ディスローター
ディスキャップを外すとディスローターが現れます。


ディスビ構造
ディスローターを外してカバーを外すとディスビの中が見れます。


ディスキャップとディスロータ点検
ディスキャップとディスローターです。
ディスキャップを目視点検しました。
クラックが有れば電気がリークしている可能性があるのですが、クラックが無いので電気は漏れてないでしょう。

[ディスキャップ、ローター交換]の続きを読む
新車で車体価格、維持費の安い車を探してみました。
軽自動車のダイハツエッセは安いグレードだと諸経費を入れても100万円を切る安さです。
維持費も自動車税、保険代、車検代が軽自動車ですから安いですし、タイヤ、バッテリーなどの消耗品もよく使われているサイズなので安そうです。
町乗りにはぴったりの車だと思うのですが、長く乗るには耐久性が気になります。
ミッション車を選べば、エンジンに負担がかからないので長く乗れそうな感じがします。

軽自動車も背が高いワゴンRタイプなどは室内が広く、装備がいいのですが、車重が重いので走らないみたいです。
エッセは装備、内装がシンプルで車重が軽いので走りがいいという評価です。
形もヨーロッパの車みたいな感じで、売れている車なのかよく街で見かけます。
コストが安いのか社用車としても売れているみたいです。
2009.11記事
DIYでタイミングベルトを交換する時は注意してください。
エンジンによっても交換方法も違いますし、エンジンを壊したり、怪我する可能性があります。
あくまでも自己責任でお願いします。


タイミングベルトは10万キロで交換だが、今回の車は年数が10年以上経っているので交換


オルタネーター
オルタネーターの調整ねじと固定ボルトを緩めてベルトを外しました。


クランクプーリー
クランクボルトをインパクトで緩めて取り外します。
車によっては特殊工具(SST)でクランクプーリーを回り止めしてから、メガネレンチで緩める事もあります。
クランクプーリーが固着してはずれない場合、特殊工具やコツが必要です。


タイミングベルトカバー
タイミングベルトのカバーを固定しているねじを外します。
カバーが張り付いて外せない場合、マイナスドライバーなどで傷つけないようにカバーをこじってはずします。
カバーには隠れたところに隠れねじがある場合があるので注意が必要


タイミングベルトテンショナー
クランクボルトをタイミングギヤに取り付けてメガネレンチでタイミングベルトを回します。
タイミングベルトを合いマークに合わした後、テンショナーの固定ボルトを緩めてマイナスドライバーなどでテンショナーをタイミングベルトの張りを緩める方向に動かし、再びテンショナーを固定します。
タイミングベルトのあわせ方はエンジンによって違うので自動車整備書
などを参考にしましょう。


ウォータポンプ
タイミングベルトをはずした後、カムシール、クランクシールからのオイル漏れがないか確認します。
テンショナーやウォーターポンプはタイミングベルトを交換する時、いっしょに交換した方がいい部品なのですが、今回は予算の関係で再利用。
ウォータポンプには水漏れが点検できる穴があいているのでLLCの色で粉を吹いていないか、プーリーを回して異音がしないか確認する。
テンショナーも取り外してプーリーを回して異音がするか確認する。
テンショナーのタイミングベルト接触面にゴムが付着していたのでマイナスドライバーで傷つけないようにきれいにしました。


タイミングベルト部品
タイミングベルトの部品
カバーのねじなどは長さが違う場合があるので注意が必要


タイミングベルト
新品のタイミングベルトには回転方向の矢印が書いてある


タイミングベルト取り付け
テンショナーを取り付けてタイミングベルトが緩む方向で固定し、テンショナーの反対方向はタイミングベルトに緩みがでないように取り付ける。
タイミングベルトをとりつけるときは各プーリーに少しかけてから押し込むのがコツ


タイミングベルトテンショナーの張り方
テンショナーの固定ボルトを緩めてタイミングベルトを張る。
張り方や張り加減はエンジンによって違うので自動車整備書
で確認


タイミングベルト合わせマーク
クランクギヤーを2回回してタイミングベルトの合わせマークにあっているか確認する。
タイミングマークに合っているか見にくい場合は鏡などを使って見る。


タイミングベルトカバー
タイミングベルトのカバーにはゴムのパッキンなどが付いている。
取りつけるときは外れていないか確認しながら取り付ける。















事故をした場合、修理費用は自動車保険から全額出るとは限りません。
車種、年式、走行距離などから評価額を算出し、修理代金はそれ以上支払われません。
これが、保険会社との交渉の時、もめる原因となります。
100:0の追突事故ならなおさらです。
被害者側からいえば、修理したところで完全に元の状態に戻らないのに、修理費用が全額出ないので修理できないから車が使えない。
車を売るときは事故車で査定が下がってしまう。

対物超過修理費用特約がある自動車保険なら修理費用が評価額を上回った時、差額を過失割合に応じて限度額まで支払われます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。