自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2代目プリウスに乗ると外観ともに内装も未来的なデザインだ。
インテリジェントキーを所定の位置に差込みスタートボタンを押す。
エンジンがかからない。
ハイブリット車だからあたり前と気つ゛く。
プリウスに乗って最初に戸惑うのはシフト操作の方法だろう。
Dレンジで通常の走行、左にシフトを動かして下に下げるとシフトレバーだけは元に戻るのだが、強いエンジンブレーキが必要な時のBレンジになる。
シフトにはPレンジがないので駐車する時はPボタンを押して駐車状態となる。
Dレンジにしてアクセルを踏むとプリウスが静かにゆっくり走りだす。
スピードが出てくるとエンジンが始動してエンジンだけ、もしくはエンジンとモーターで走行する。
信号待ちで止まるとエンジンが止まる。
下り坂でアクセルを離すと回生発電してバッテリーに充電する。
エネルギーモニター画面にするとモーターだけで走行しているのか、モーターで発電しているのか刻々とわかるのでおもしろいのだが、それ点を除いてはプリウスは本当に普通の車。

走行後、ガソリンを給油したのだが一般の乗用車の半分位しか給油できなかった。
カタログ値には及ばないがリッター20kmというところだろう。
リッター20kmという燃費は軽乗用車よりも良く、流れにのって走行してこの数値なら、さずがプリウスというところだろう。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3mentecar.blog23.fc2.com/tb.php/165-842a3700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。