自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタプリウスはガソリンエンジンが効率が悪い時はモーターで走行するハイブリットシステム。
ハイブリットシステムの制御は、発進、低速時はモーターで、通常はエンジンで発電しながらエンジンとモーターの力を効率良く配分して走行する。
加速時はバッテリーの電気も使ってモーターとエンジンで加速する。
減速時はモーターを発電機としてバッテリーに充電するという複雑なシステムだ。
ハイブリット車は制御は複雑だし、ガソリン車に比べるとモーター、バッテリー、インバータなどが必要になるので、部品点数が増えて重くなる。
部品点数が増えるという事はコストも高くなるという事だ。
燃費を良くして環境性能を高めるだけならシンプルな方法が良いのではと思われる方もいるのではないだろか?
トヨタらしくないと思うが、よく考えるとトヨタは将来的に電気自動車の量産化を目指しているのだと思う。
現在あるガソリンスタンドというインフラを使い、現実的な電気自動車がハイブリット車。
ハイブリット車を市場に投入して電気自動車を研究してノウハウを得る。
プリウスを購入する事は環境に優しい電気自動車を現実性にあるものにする為のトヨタへの投資ではないだろうか。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3mentecar.blog23.fc2.com/tb.php/170-9908d24b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。