自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレーキライニングを広げる役割をするのがホイールシリンダー。
ホイールシリンダー内部のピストンがブレーキペダルを踏む事によって流れてきたブレーキオイルを受け止め、外側に動いてブレーキライニングも動かす。
ホイールシリンダーとピストンの隙間からブレーキオイルが漏れないようにピストンにはカップというゴム製の部品がついている。
カップは月日が経つと劣化磨耗する。
カップが劣化磨耗するとブレーキオイルが漏れるのでブレーキの効きが悪くなったり、最悪効かなくなったりする。
車検時、カップが交換してあるのはその為だ。

ホイールシリンダーの下にあるのがブレーキ自動調整装置。
ブレーキライニングが磨耗していくと、ドラムとの隙間が大きくなるのでブレーキの効きが悪くなるので隙間を一定にしなければならない。
ドラムとブレーキライニングの隙間を一定にするのがブレーキ自動調整装置だ。

ホイルシリンダー

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://3mentecar.blog23.fc2.com/tb.php/85-c31aa1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。