自動車の維持費・試乗記・整備・アイデアのプログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外気温計が付いていると、車内と社外の温度差が少ないようにエアコンの温度が調整できるし、冬の時期は道路が凍結してないか参考にできる。
平常時、四輪駆動システム為、車重が重い、燃費が悪い、乗り難いオフロード四駆も、悪天候で道が悪路化すれば、4WDシステム、ロードクリアランスの高さで無理は禁物だが、悪路を走行できる車となる。
米国スズキが2009年7月30日、新型車『キザシ』を発表したそうだ。
スズキが発売するスポーツセダン
スイフトやスプラッシュの評価が高いようにキザシの評価も高ければ日本でも発売してほしい車だ。
将来は、ハイブリッドモデルの追加を予定しているみたいだ。
ホンダインサイトに試乗しました。
スタートキーをオンにすると、バッテリーの充電量が少ない時はプリウスと同じく停車中でもエンジンはかかりぱなしです。
バッテリーが充電されるとエンジンは停止します。
インサイトに乗ってみると、試乗記などで評価されている様にモーターだけで走行する印象はなく、プリウスの方がハイブリット車らしく感じます。
インサイトは価格を抑えたので簡易的なマイルドハイブリット車になったのだとホンダも認めています。。

インサイトで一般道を走行してみました。
信号が赤でブレーキペダルを踏むとモーターアシスト量と回生充電量を示すゲージは停止寸前まで回生充電側を示し、停止するとエンジンは止まります。
発進の時はブレーキペダルを放すタイミングでエンジンが始動します。
走行中はエンジンはかかりぱなしで、モーターアシストがあった場合、モーターアシスト量をゲージで示します。
エコ走行度はスピードメーターの色の変化でわかります。

インサイトに試乗した感想ですが、ハイブリットアイドリングストップ車というところでしょうか。
運転する楽しさは個人的にはプリウスよりインサイトの方を評価します。


新型プリウスがエコカー減税の効果もあって納車待ちだそうだ。
納車が短いハイブリットカーなら、新車なら新型プリウスと併売される旧型の2代目プリウス、新型インサイト。
中古車のハイブリットカーを選ぶかだろう。
現行ダイハツムーブは室内の広い走りのいい軽自動車
ダイハツタントに乗った感想だが、室内の広い事に感心させられる。
車体価格の安い軽自動車を探しているのならダイハツエッセが候補に入る。
低価格だがヨーロッパのコンパクトカーを思わせるデザインは安い軽自動車と思わせない。
ワゴンRタイプのような背の高い軽自動車と比較して室内は狭いし、内装もシンプルだが、車重が軽いので走りがいいと聞く。
軽自動車なのでバッテリーや保険などが安いので維持費の安い車を探しているのならダイハツエッセを候補に入れたらどうだろうか?

エコーカー減税で今は車の買い替え時期かも知れません。
13年以上経った古い車の買い替えは更にお買い得です。
新型アクセラは停車中、アイドリングをストップさせるアイストップというアイドリングストップ機構を搭載させました。
エコカー減税とグリーン税制に対応しています。
自動車保険に安く入りたいので安い自動車保険に入ろうと思っているのですが、事故をした時の対応が悪いという評判も聞きます。
実際のところどうなんでしょうか?
暑い時、待ち合わせなどで車を停車中してエアコンを使うとエンジンをかけたままにしなければならない。
排出ガスを出すので環境に悪いし、何より燃料の無駄だ。
ハイブリットカーのプリウスなら駐車中エアコンを使ってもエンジンはかかりぱなしではない。
自動車保険で代車特約を付けると、一般的に事故の日から一ヶ月を限度に、限度額までのレンタカーが借りれる。
三菱自動車の電気自動車、アイミーブの量産化が始まりました。
量産化が始まったといっても、価格、充電設備、航続距離などの問題が解決するまで、公共機関や会社などで主に使われるみたいです。
電気自動車のメリットといえば、音の静かさ、環境への優しさ、そして、モーターは低速から大きなトルクが発生するので加速が良いという事でしょうね。
プリウスがエコカーなのに意外と速いのはモーターの力によるものかも知れません。
ホンダインサイト見ました。
プリウスと似たデザインと思われがちですが、空気抵抗を突き詰めたら、初代インサイトと2代目プリウスのデザインが似てしまったというのが正しいのではないでしょうか?
差別化が考えられるのはフロントマスクぐらいで、ここはトヨタらしさ、ホンダらしさが表れています。
小雨の時、役に立つのが間欠ワイパーだが、雨の降り方によっては役に立たない事がある。
ワイパーの作動時間を任意に調整できる作動時間調整機能付間欠ワイパーが装備で装着してあると便利である。
新型プリウスのソーラーベンチレーションシステム
真夏の暑い中、太陽電池で発電した電気で換気用のファンを回して室内の熱気を室外に排出するもの
昔、マツダの車でもこの装備あったような感じがする。
カー用品店でも快適グッズで販売しているが、純正装備でこれから普及してほしい快適装備だ。
スピードを出すと足回りからタイヤの回転に合わせてうなり音がします。
走行距離が多いのでハブベアリングが駄目になっているのだろうと思い、近いうちにハブベアリングを交換しようと思っていました。
その後、タイヤの溝が少ないので新品タイヤに交換しました。
タイヤ交換後、走ってみるとうなり音が消えてるではありませんか。
異音の原因はタイヤだったと判明しました。
カー用品店でオイル交換する事にしました。
オイル交換の待ち時間の間、ETCを見にいきました。
やはり、ETCは売り切れで当分入荷の予定は分からないみたいです。
ETCの機種を選ぶ状態ではなさそうです。

ETCにはアンテナと本体がいっしょになった一体型とアンテナと本体が分かれたタイプの分離型があります。
一体型は価格が安い、分離型は本体の取り付け位置が選べるのでETCカードを人目につく場所に置かないので盗難防止になります。

ETCの入荷予定の目処がたたない今、ETCカードをつくるだけです。
ETCが手に入る迄待つしかありません。
バッテリー液の減り方が各セル、ばらばらに減っている。
バッテリーの外観がふくらんだ感じの場合はバッテリーの交換時期かも知れません。

行きつけのガソリンスタンドは国道から離れた場所にある為かガソリンの店頭価格が安い。
現金カードを持っているので更に安くなるのだが、ENEOSカードを持っているともっと安くなるみたいだ。
ETCカードも作れるのでENEOSカードを作ろうかなと悩んでいるところである。



ときどきエンジンが止まる、異音が出る。
車の不具合をディーラーや修理工場にだすのになかなか直らない事がある。
そんな場合は不具合が発生した時の状況を把握してディーラーや修理工場に伝えると良い。
ディーラーや修理工場も不具合が発生しないと修理できないからだ。
自分が車に乗っている時は不具合が発生しているのにディーラーや修理工場にだすと症状が出ないのは不具合が発生している条件を再現できないからだ。
エンジンオイルの交換時期がきたのでオイル交換する事にしました。
DIYでオイル交換すると廃油処理がめんどくさいのでカー用品店にお願いする事にしました。
カー用品店のオイル売り場に行くとさまざまなオイルがあります。
最近は環境に優しいエコカーの為の専用オイルまであるんですね。
エンジンオイルの選び方なんですが、取り扱い説明書で指定しているグレード、粘度のオイルを選びましょう。
指定外のオイルを使うとエンジンの不具合、燃費の悪化、オイル漏れなどの原因になります。
自動車税の支払いの時期になると自動車税の安い車がほしくなる。
環境に優しいエコカーは自動車税が安くなるが、低年式の古い車は逆に自動車税が高くなる。
今乗っているRV車はコンパクトで使い勝手も燃費もいい。
走行距離は過走行だが、故障もなくまだ乗れそうなので自動車税は高いがまだ乗るつもりだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。